Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

NRW州アーヘン市 - 手頃な価格で持続可能なeモビリティのドイツ中心地

アーヘンの自動車の歴史は、1903年にファフニール社(Fafnir) が市内で自動車生産を開始したことに遡る。それから1世紀余経ち、アーヘンは再び自動車産業の中心地になった。しかも今回は電気自動車で。ドイツ自動車産業の大転換がまさにNRW州で発生している。

世界有数の工学系大学、アーヘン工科大学のキャンパスでスタートアップが創業した。e.GO Mobile 社だ。同社は手頃な価格、経済性、環境への配慮、そして楽しい運転を目指して電気自動車を開発・生産している。これらの目標達成のため、e.GO Mobile 社とそのエンジニアチームはアーヘン工科大学と協力し、同大学が行うインダストリー4.0、スマートマニュファクチャリングなどの最新の研究成果を活用し、人材交流を進めている。さらにe.GO Mobile社は、ロバート・ボッシュ社など、様々な多国籍エンジニアリング企業とも協業を進めているのだ。

この協力関係を背景に、e.GO Mobile社は最先端生産設備の製造能力を持つだけでなく、実際にIndustry 4.0標準の電気自動車の開発・生産に着手した最初の企業となった。開発および生産コストを低く抑え、大手自動車会社と十分に競り合える新車価格となっているのだ。化石燃料車は通常、電気自動車より安価だ。しかし街乗り車e.GO Lifeの価格は化石燃料車と同レベルで設定されている。e.GO Life車が市場に投入されたことでeモビリティの利用が容易になった。ドイツで電気自動車による輸送が普及している理由がここにある。

e.GO Mobile 社の新車予約状況が示す様に、アーヘン市、NRW州、そしてドイツのドライバーからも幅広い支持が寄せられている。また日本や他のアジア地域を始め、海外からも熱い注目が集まっている。

参考資料

-