Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

NRW州の2大学がエクセレンス大学に:ボン大学とアーヘン工科大学がトップレベルの大学に認定

ドイツ学術審議会とドイツ研究振興協会(DFG)が7月19日に発表。これを受け、NRW州ラシェット首相は「エクセレンス・クラスターの助成認定を受け、これまで優れた研究力を示してきたボン大学とアーヘン工科大学が、今回、さらにエクセレンス大学の称号を得た。両大学の称号認定とエクセレンス戦略全体の成果を見ると、NRW州の質の高い学術と研究活動が改めて証明されたことになる。NRW州は学術研究拠点としての地位を確固たるものにしている」と、祝福した。

アーヘン工科大学はNRW州初の大学として、2007年に「エクセレンス大学」の称号を獲得。そして今年3度目の認定という快挙を成し遂げた。一方、ボン大学は今回初めて「エクセレンス大学」に。この新認定に加え、6つのエクセレンス・クラスターの助成認定を受けているボン大学は、エクセレンス戦略では最も成功しているドイツの大学だ。

ドイツ全体で11の大学がエクセレンス大学として助成される。これは、ドイツ連邦および州のエクセレンス戦略の一環で、研究分野での国際競争力向上が目的で、各大学には毎年最大1500万ユーロが提供される。2つのエクセレンス大学と14のエクセレンス・クラスターの認定を得ているNRW州はドイツ国内でもトップクラス。前回(2012年)のエクセレンス採択数と比較し、今回はエクセレンス・クラスターを4つ増やした。

出典

-