Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

EIZO 次のステップへ EU市場で 

コンピュータモニタを生産するEIZO NRW州メンヒェングラートバッハのヨーロッパ本社を拡張

EIZOヨーロッパ社がデュッセルドルフの約25キロ西に位置するメンヒェングラートバッハに拠点を構えてからすでに8年余が経つ。この度、同社はより大きな新社屋に移転すると決定。移転先は同市内だ。新社屋には、事務室や会議室に加えて、自社の医療モニターソリューションを紹介するヘルスケアショールームも設けられる。

EIZOヨーロッパ社の売上高は2012年の設立時と比較し、約倍増の約1億3000万ユーロに伸びた。同様にまた従業員数も増加。新社屋は100〜120人の従業員を念頭に設計されているが、今後さらに拡張できるようスペースを確保している。

EIZO株式会社は1968年に設立され、石川県白山市に本社を構えている。 同社は、ハイエンドディスプレイソリューションの世界有数メーカーに成長し、世界90か国で展開するリーディング企業だ。

写真©EIZO Europe

-