Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

AI for SDGs – 環境問題の解決に向けた人工知能(AI)の活用とは? 10/24開催 日独仏合同コンファレンス

地球温暖化が進み、水資源、気象、自然災害に対する気候変動の影響が深刻化している今日、その対策についての議論が白熱している。また、IT技術の向上とともに、産・学・官の分野で、環境保護のためにIT技術を活用する新たな手段の模索が続く。人工知能(AI)を、気候変動の解決、持続可能な都市の発展、クリーンエネルギーの供給にむけてどのように役立てられるのか? 

10月24日の国連デーに開催されるこのコンファレンスでは、ドイツ、日本、フランス三ヵ国からの専門家が東京に集い、環境問題に対してAIがもつ可能性についての講演及び意見交換を行う。テーマは、持続可能な土地利用、スマート農業、スマートシティ、スマート交通システムなど様々な分野に及ぶ。

日時:2019年10月24日(木) 10:00 〜 18:15

会場:ドイツ文化会館1階 東京都港区赤坂7-5-56 

主催 : ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京(DWIH東京)

申込&詳細  

参加費無料・事前登録制  締切10月10日

写真:©︎iStock

 

-