Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

2020年4月NRW.BANK.ifo景況感指数 NRW州経済 史上最悪の不況に直面

NRW州経済の低迷は4月、さらに悪化した。コロナ禍でNRW.BANK.ifoの景況感指数は4月さらに加速的に落ち込み、史上最低水準に達した。悪化したのは現況評価だけではない。今後数ヶ月間の先行き動向をこれ程悲観的に予測したことはこれまでなかった。

NRW.BANK.ifo景況感指数は前月のマイナス16.8から、4月はマイナス40.5に急落。これは、3月のコロナ危機発生当初と同レベルの劇的な下落となり、また、これまで最低だった2009年のユーロ危機の指数(マイナス25.8)を大幅に下回る結果となった。

前月、殊に大きく落ち込んだのは先行きへの期待感だったが、4月は現況評価も急落した。 NRW州経済は11年振りに不況に陥り、また、全産業分野が影響を被っている。

中でもサービス業が最も大幅な下落を記録。特に飲食・ホテル業が影響を受け、景況感指数が再び下降線をたどった。前々月比で101.5ポイントもの下落。これほどの悪化は、他のどの産業分野でも見られない。その他、物流や他企業向けサービス産業もコロナ危機の影響を強く受けている。

景況感指数が2番目に大きく減少したのは製造業だった。シャットダウンによる直接の影響はないものの、国内外からの需要が急減した。殊に家具メーカーの景況感指数は大きく下落。また金属や車両製造関連産業も、先行きを非常に悲観的に見ている。その中で、唯一明るい希望が見えるのが食品および化学産業だ。同産業分野の指数は、危機発生以来、約10ポイント減だけで収まっている。

小売業および卸業でも景況感指数はさらに落ち込んだ。現況評価、先行き動向共に最低水準に達した。なお、影響の度合いは小売も卸も同程度。

建設業の景況感指数は過去に事例がないほど下落した。しかし、現況には引き続き満足しているとの回答だ。とはいえ、建設活動は今後数ヶ月で減速すると予想されており、中でも商業ビルの建設が最も大きな影響を受けている。

【雇用への影響】 

4月のNRW.BANK.ifo景況感指数によると、上述の4産業分野全てで、人事部門は雇用削減を準備している。サービス業と卸・小売業の雇用計画は歴史的な低水準にまで落ち込んでいる。製造業ではコロナ危機以前から雇用減少の傾向が見られたが、それが現在はさらに顕著となっている。また、これまで活況を呈してきた建設業でさえ、悪化する雇用状況から逃れることはできないだろう。

そしてNRW州の飲食・ホテル業は悲劇的な状況に見舞われている。現在合計約18万6000人が同産業に従事しているが、今後、飲食・ホテル業ではおよそ4分の3が雇用削減を計画している。その他のサービス業(例:旅行会社や派遣)、および物流でも大半が大幅な人員削減を予定している。

一方、雇用拡大の期待が持てるのは不動産および住宅分野だけに留まっている。

「時間短縮労働」対策はコロナ危機下でも、解雇を回避する「バッファー」として上手く機能している。多くの企業が同対策をとるため、NRW州では失業率の急激な上昇はないと予想されている。しかし、経済の停滞が長引けば長引くほど、景気と失業への影響は深刻になる。実際、既にNRW州のGDPは大きく減少しており、スタートした出口戦略(緩和策)が継続して行われても、地域経済の落ち込みは、2009年危機時のGDP減少率マイナス5.4%をさらに数パーセント上回ると試算されている。もしも経済的な制約が予想を超え長期化した場合には、或いはまた2回目のシャットダウンが発令された場合は、NRW州の景気悪化はさらに深刻となる可能性が高い。そうなれば、景気回復は当面、期待できない。

出典

-