Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

2020年2月NRW.BANK.ifo景況感指数 

*同指数には、3月半ば以降ヨーロッパ、およびドイツで急速に広まった新型コロナウィルス感染による経済への影響は含まれていない。4月に発表される3月の景況感指数で経済への影響が明確になるだろう。

NRW.BANK.ifo景況感指数は年初に幾分回復したが、2月は再び悪化した。企業を対象としたアンケート調査では、現況への評価が前月比で下降。一方、先行き動向では悲観的な見方が和らいできた。

製造業の景況感は2月僅かながら改善。現況評価は否定的な見方が再び上回る結果となったものの、先行きへの期待度では、懐疑的な見方が幾分減少した。建設業の景況感は前月比で悪化。現況への満足度が低く、また今後の見通しでも引き続き悲観的な見方が示された。小売・卸業でも景況感は2月、落ち込んだ。現況のみならず、先行き6ヶ月間の見通しでも、前月比で悪化した。そしてサービス業の景況感も僅かに落ち込んだ。現況評価は従来とほぼ同様であったが、先行きに対しては確信的な見方がやや弱まった。

出典

-