Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

2020年1月NRW.BANK.ifo景況感指数

1月のNRW.BANK.ifo景況感指数は前月とほぼ同様の結果となった。現況評価を前月比でよりポジティブに評価する企業が増加したものの、先行き動向では、企業はより悲観的な見方を強めた。

製造業の景況感は1月曇り模様。現況を前向きに評価する企業は極僅かにとどまった。また先行き動向でも懐疑的な見方が大半を占める状況が継続している。建設業の景況感は1月改善した。企業の現況への満足度は大きく伸長。しかし今後の先行き動向については、再び悲観的な見方が強まった。小売・卸業の景況感は1月若干冷え込んだ。企業はポジティブな現況評価をしたが、今後の展望については、懐疑的な見解が増加した。

良好な状態が続くサービス業でも景況感が冷え込み始めている。現況については、直近3カ月比でポジティブな評価が増加したものの、先行きに対しては楽観的だった見方が急速に減少した。

出典

 

-