Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

2019年9月NRW.BANK.ifo景況感指数 

NRW.BANK.ifo景況感指数は前月若干回復したものの、9月は再び陰りを見せた。アンケート調査への回答企業は前月同様に現況を「良い」と評価したが、先行き動向では悲観的な見方が再び強まった。

製造業の景況感は9月悪化した。現況評価を「良い」とした企業は少数にとどまり、今後のビジネス動向でも大半が懐疑的な見通しを示した。景況感が改善したのは唯一建設業だけだった。ただし、若干の改善にとどまった。前月のような現況への高い満足感は影を潜めたものの、先行き動向では慎重ながらも再び楽観的な見通しが広がった。小売および卸業の景況感はマイナス領域に落ち込んだ。これは今年の2月以来となる。企業は現況評価を前月比で若干引き上げたが、今後のビジネス動向へは悲観的な見方を示した。サービス業の景況感も若干冷え込んだ。現況評価は依然として良好だが、一方、先行き動向が悪化し、これが景況感の冷え込みにつながった。

出典

-