Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

2019年1月NRW.BANK.ifo景況感指数(速報) 

1月のNRW.BANK.ifo景況感指数(2019年1月からサービス業も含む)は大きく冷え込んだ。アンケート調査に回答を寄せた企業は前月比で現況評価を下げ、また今後の先行き動向でも、2012年11月以来のマイナスの数値となった。

製造業の景況感は悪化した。企業の現況に対する満足感が大きく下降し、今後6ヶ月間のビジネス動向でも懐疑的な見方が再び強まった。建設業の景況感では前月の好調さは影をひそめた。現況評価は前月比で下降し、また先行きに関しても再び否定的な見方が強まった。小売・卸業の景況感(2019年1月より小売と卸業の両方を含む)は好調を維持した。ただし現況評価は改善したものの、先行き動向では悲観的な見方が増加した。サービス業の景況感も前月比で落ち込んだ。現況評価は悪化し、また6ヶ月の先行きに対し、確信的な見方が前月比で大幅に減少した。

出典

 

 

-