Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

2018年12月NRW.BANK.ifo景況感指数 (速報)

12月のNRW.BANK.ifo景況感指数は3ヶ月連続で曇り模様となった。アンケート調査の結果、企業の現況評価は前月比で下がり、また先行き動向に関しても、前月比で懐疑的な見方が強まった。

製造業の景況感は再び若干の改善をみせた。前月比では現況評価は然程良くはなかったが、今後のビジネス動向では、企業は慎重ながらも再び楽観的な見通しを示した。建設業の景況感は12月も上昇し、最高記録となった。その背景には非常に満足しているとの高い現況評価がある。しかし先行きに関しては、直近2ヶ月比で確信的な見方が弱まった。一方、小売業の景況感は12月大きく悪化した。数社が現況をポジティブに評価したものの、先行き動向へは悲観的な見方が大半を占めた。卸業の景況感も前月比で若干冷え込んだ。現況評価は前月比で悪化し、また今後の展望においても懐疑的な見方が多少ではあるが再び増加した。

出典

 

-