Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

移動通信協定が功を奏す NRW州でインフラ拡充

2019年夏、NRW州政府は電気通信およびネットワーク事業者と共に、いわゆる「移動通信協定」を締結した。2月に発表された中間報告では、州内の移動通信とギガビットネットワークの整備が進み、同協定が効果を発揮していることが分かった。

現在、NRW州では第4世代移動通信システム(LTE)の利用可能世帯率は99%に達成している。また商業・産業地区の37%、および学校の16%が光ファイバネットワークに接続されている。 州政府の目標は、2022年までに、すべての学校と商業・産業地区に光ファイバーネットワークへのアクセスを確保することだ。このため、新たなLTE基地局の構築に加え、既存基地局のインフラ強化も計画している。ピンクヴァルトNRW州経済大臣は、NRW州を第5世代移動通信システム(5G)の最先端市場に発展させると述べている。

参考資料

-