Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

東工大がアーヘン工科大学内にドイツ・オフィスをオープン 

東京工業大学(学長:益一哉/ 東京都目黒区)が3月22日、NRW州アーヘン市にドイツ・オフィス“Tokyo Tech ANNEX(アネックス)”を開所した。同大学が海外アネックス事務所を開設するのは昨年(2018年)3月のタイに続き2例目となり、また欧州で初の拠点でもある。アネックスは、同大学が国際的な連携を続けているアーヘン工科大学内に設置された。

東京工業大学は2007年にアーヘン工科大学と全学協定を結んで以来、研究者、そして学生の相互交流や、また共同研究プロジェクトを継続して推進してきた。アーヘン工科大学はドイツのトップ工科大学TU9のメンバーであり、またドイツ連邦政府が認定するエクセレンス大学として世界レベルで高評価を得ている。株式会社NRWジャパンも2015年にアーヘン工科大の前学長シュマハテンベルク氏が来日した際に大岡山キャンパスで開催された両大学主催のセミナーをサポートして以来、継続して両大学の相互交流に積極的に関与してきた。

今般のドイツ・オフィス立ち上げを進めてきた東京工業大学研究・産学連携本部URA(University Research Administrator)でTokyo Tech ANNEXディレクターの水越達也氏は「アーヘン工科大を始め、NRW州には研究開発の密なネットワークがあり、企業との実践的な共同開発プロジェクトも盛んに行われている。この豊かなインフラを活用し、東工大の国際化を更に加速化したい。」と意気込みを語った。

東京工業大学  公式ホームページ(国際交流)

 

-