Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

新年会 in Düsseldorf

恒例の日本コミュニティとの新年会が1月15日、デュッセルドルフのラインテラッセで開催された。

NRW州に拠点を置く日系企業や総領事館、ジェトロなどの公共機関から約250名が参加し、2019年が実りある一年になるよう祈念した。主催はNRW州経済・イノベーション・デジタル化・エネルギー省、NRW.INVEST社、及びデュッセルドルフ市。冒頭でNRW州経済大臣ピンクヴァルトが登壇。2018年10月に訪日した同大臣は、経済パートナー「日本」への思いも新たに、昨年の新年会に続き2回目となった挨拶を結んだ。また、来年、2020東京オリンピックに向けて活動する「Stockheim Team Düsseldorf」も新年会に招待された。「Stockheim Team Düsseldorf」はオリンピック・パラリンピックに出場するアスリート達をサポートする組織で、デュッセルドルフに本部を置いている。NRW州は2032年のオリンピック開催誘致を目指しており、今後スポーツ分野でも日独交流が更に活発になりそうだ。

-