Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

ミーレ社 伊・医療医療機器大手Steelcoグループの株式過半数を取得

ミーレ・グループの医療機器分野の売上高は、30%以上の増加。また洗浄・殺菌・消毒装置の製品群の増強により、同社ポートフォリオも拡大

 

家庭および産業用機器のトップメーカーであるミーレ社(本社所在地:NRW州ギュータースロー)は全世界で1万8370人を雇用し、37.1億ユーロの売上高(2015/16年度)を達成している。この度、北部イタリアに拠点を置く医療機器大手Steelco S.p.A.グループ(本社所在地:トレヴィーゾ県リエーゼ・ピオ・デーチモ)の株式の過半数を取得した。これにより、ミーレ社の医療技術部門の売上高は30%強増加し、約2億5000万ユーロに上昇する。同時に医療機関向けの洗浄・殺菌・消毒装置の製品群を拡大し、さらに医薬品の製造に使用されるコンポーネント部材の処理という特別セグメントにも参入することになる。

ミーレ社は家庭用の高品質の製品のほかに、業務用でも多種多様な製品を揃える世界トップメーカーのひとつである。医療機関や研究所向けのみならず、病院内の中央材料室(CSSD)向け洗浄・消毒・滅菌機器の製造も手がけている。

Steelcoグループの設立は1995年。現在400人を雇用し、7100万ユーロの売上高。近年は二桁成長を遂げている。手がける製品群は医療機関および医薬製造プロセスに使用される洗浄・滅菌・消毒機器。

ミーレ社とSteelco社は共にファミリー企業で、付加価値と品質重視の経営を行っている。株式移譲後もSteelco社のオペレーションは創設者兼最高経営責任者(CEO)であるCasonato氏と共同創設者が続行する。ただし同社監査役委員会メンバーは過半数をミーレ社が占める。両社の目標は、医療洗浄装置の品質と技術革新をリードしていくことだ。ミーレ社は、100カ国以上のディーラー網を既存のサービス・販売システムに統合する。ただしSteelco社製品は同社ブランドを継続する。

今後両社は共同でカスタマイズ要求に応じた製品ソリューションを開発し、顧客サービス業務を拡充する意向だ。なお、カルテル局は7月6日、株式取得を承認した。

出典

-