Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

バッテリー研究に950万ユーロの助成 NRW州ミュンスター  強みを更に強化 

NRW州政府は「バッテリー化学、特性評価、分析、リサイクルおよび応用のための国際研究スクール(BACCARA)」に950万ユーロを投じる。BACCARAは学術研究と知識移転の橋渡し役を果たす。研究テーマは材料設計からリサイクルまでのバリューチェーン全体だ。

BACCARAはミュンスター大学のバッテリークラスター内に開設される。同大学には、有名なバッテリー研究センターMEET(ミュンスター電気化学エネルギー技術)があり、またコンピテンスセンター「ElektroMobility NRW」もここに拠点を構える。最高レベルの環境のもと開設される同スクールには、若手研究者育成への大きな貢献が期待されている。

NRW州はヨーロッパで最も重要なエネルギー地域。グローバルに活躍するエネルギー供給事業者に加え、州内には多数の再生可能エネルギー関連企業が拠点を構えている。また30以上の大学には計120ものエネルギー研究所が併設され、さらに約20の大学外研究機関がある。これら研究機関はネットワークで繋がっており、これだけの好条件を備えたNRW州がエネルギーシフトを達成するのは責務とも言える。

エネルギーシフトの中核を成すバッテリー研究は、また同時にeモビリティの成功に不可欠な要素だ。NRW州はこのバッテリー研究分野でドイツトップレベル。州内には「CEF.NRW」「EnergyAgency.NRW」等のクラスター機関があり、また上述の「ElektroMobiliy NRW」等と共に、技術力と革新力を束ねながら企業を支援している。

新設のBACCARAは若手研究者向けに電気化学、触媒作用、材料・バッテリーセル研究、理論化学、ライフサイクル分析、またリサイクル分野に至るまで最先端の学際的プログラムを用意しており、20人以上の教授・部門長が常にサポートする。若手の研究者達がキャリアアップできる仕組みが整っているのだ。ここで得られた研究成果は日本を含めた世界中のパートナーと共有化したいと、バッテリー研究のドイツ第一人者、ミュンスター大学バッテリー研究センター(MEET)所長 マーティン・ヴィンター教授は考えている。

参考資料1  2  3  4  5

-