Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

ドイツ最古の同族企業 500年の歴史

ドイツ最長の歴史を持つ同族企業- Family CompanyがNRW州のジーゲン=クロイツタールにある。

17代目の社長パウル・ニーダーシュタイン氏が率いるのはThe Coatinc Company。この現在の英語風の社名からは由緒ある歴史を想像するのは難しい。しかし、その以前の名称「ジーゲン株式会社(Siegener Aktiengesellschaft)」となると全く違う。鍛冶屋として1502年に設立された同社は、鉄の商い、鉄鋼の生産、また精錬・圧延事業を行いながら、5世紀もの間この地域を統治してきた。

ニーダーシュタイン家は、この地域にとって、単に仕事を提供するという雇用者以上の意味を持つ。例えば、帝国時代には市長や議員として重要な政策決定に関与した。現在の「The Coatinc Company」は亜鉛メッキを中心とした表面加工を得意とする企業に発展している。世界中の関連会社も含め、約2000人の従業員を擁し、3億ユーロの売上高を達成している。

500年前といえば、日本は室町時代。その悠久の歴史を支えるのは温故知新か。

参考資料:Handelsblatt 2019.06.04

 

 

-