Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

ゾーリンゲン生まれの "ヴィントミューレン・メッサー(風車刃物)"

NRW州のゾーリンゲンは、ケルンやデュッセルドルフ近郊にある、高級刃物で世界中に名を馳せる小さな町だ。ここに拠点を構える「ヴィントミューレン・メッサー・マニュファクチュア」は、1872年に遡る長い伝統を持つ。

今も刃物の生産工程をすべて手作業で行っている。これがまさに老舗といわれる所以だ。20世紀末、刃物の町ゾーリンゲンでさえ、刃物研ぎ師の専門職はほぼ絶滅していた。しかし、大きな努力の結果、1997年にこの専門職を復活させ、当時すでに65歳だった刃物研ぎ師マイスター、ヴィルフリード・フェーレカンプフ氏の助けを借り、若手育成を再開することができた。

ゾーリンゲンの「ヴィントミューレン・メッサー」には、他にはないユニークな特徴が多くある。まず「刃」は伝統的なゾーリンゲン式薄片で研磨する。それもかなり上部から研磨し始めるため、刃は非常に細く尖ったものになる。従って、「ヴィントミューレン・メッサー」は鋭い切れ味を持ち、それが長持ちする。さらに高品質で、一部贅沢ともいえる材料を使用している。例えば、多くの場合、刃にはステンレスだけでなく、炭素鋼も使用。当然、これらは完全に錆びないわけではないが、しかし高硬度を確保することで、より鋭い切れ味と継続性、さらにはより薄い刃が可能になっている。また、赤ブナ、プラム、クルミ、ナシ、サクラなどの選りすぐりの木を柄に加工している。

日本で購入するには? ニキティキ吉祥寺店シグナコーナー   www.signa.co.jp/SIGNA%20HP/kitchen/kitchen-category.html  

 Living Motiv オンラインショップ

 

 

 

-