Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

スタートアップ・コンペ NRW州が創設「OUT OF THE BOX.NRW」3社が受賞

中堅の「隠れたチャンピオン」や大企業だけでなく、デジタルイノベーションで既存市場に新風を吹き込む若いスタートアップが集積しているのがNRW州の特徴。そういった有望なスタートアップに活躍の場を提供し、支援するため、NRW州経済・イノベーション・デジタル化・エネルギー省は「OUT OF THE BOX.NRW」賞を創設。同省ピンクヴァルト大臣出席のもと、初めての授賞式が9月2日に行われた。

「OUT OF THE BOX.NRW」の賞金総額は5万ユーロ。ドイツのスタートアップ・コンペティションでは高額のコンペとなっている。応募企業には賞金獲得のチャンスだけでなく、プレゼンテーションの機会があるのが魅力。潜在的な投資家や鍵を握る企業担当者と知り合えるチャンスだからだ。ノミネートされたスタートアップは100社を超え、更に12社のファイナリストに絞り込まれ、最終審査ではこの12社がデジタル事業のアイディアをピッチ形式でプレゼンテーションした。 その後、専門審査員と6千人によるネット投票で受賞3企業が決定。

<1位> MotionMiners社 (ドルトムント) 賞金2万5000ユーロ: インダストリー4.0時代に対応する手作業プロセスの分析ツールを開発。ウェアラブルとビーコンを活用し、作業者の動作や作業順序を匿名で記録。人工知能で自動的に分析する。

<2位> ViSenSys社 (ドルトムント) 賞金1万5000ユーロ: インテリジェントな観測システムを開発。このシステムは、例えば公共交通機関の乗客数カウント用にも、また、製造業での品質管理用にも利用可能。

<3位> ForkOn 社  (ケルン) 賞金1万ユーロ: フォークリフトのフリートを集中管理且つ最適化するソフトウェアソリューションを提供。フォークリフトはクラウドベースで作動するため、作業場所を問わない集中管理が可能。完全自動化にはインテリジェントなアルゴリズムを採用。また評価データを詳細に表示し、そこから具体的な対策を導き出す。異なるメーカーの異なる種のフォークリフトの一括最適化を可能とするソフトウェアが強み。

参考資料1  2

 

-