Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

シリーズ "NRW州ヴェストファーレン地方の美食巡り“ 第三弾

レストラン <ドームシェンケ・ビラーベック>

ミュンスター近くの歴史的風情を残す小さな町ビラーベック(Billerbeck)に建つドームシェンケ(Domschenke)には、ちょっと特別なレストランがある。オーナーはフランク・グロル氏。シェフとして町外でも有名だ。1668年築のホテルは、近くに建つ聖ルードゲレスドームに由来して名付けられた。オーナー家族が5代にわたり150年以上も経営している。

シェフのフランク・グロル氏は郷土および季節料理の名人であるだけでなく、工夫を凝らしたクロスオーバー料理を得意とすることでも有名だ。シェフを筆頭にこのレストランの厨房では、ヴェストファーレン地方の名物に新しい風味を加え、新鮮な魚や肉料理と組み合わせている。この斬新なマリアージュで、新たな対比効果を際立たせているのが特徴だ。たとえば、ウズラの胸肉ロースト(ベーコンパンケーキとアンズタケサラダ添え)、あるいは豚ヒレ肉のハーブ焼き(ほうれん草サラダと焼きジャガイモ添え)。さらにはライ麦製黒パンのプンパーニッケルのアイスクリーム、およびプルーン煮込みなどだ。

公式ホームページ

-