Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

【オンライン開催】11月26日(木)「新型コロナウイルス感染症~日独の対応」国際治療談話会総会

第60回国際治療談話会総会のテーマは「新型コロナウイルス感染症~日独の対応」。日独の専門家が新型コロナウイルスへの両国の対応をテーマに講演する。オンライン開催で、司会進行を弊社社長ロエルが務める。ドイツNRW州からエッセン大学病院感染症科のヴィッツケ教授、ケルン大学病院のヴェーレシルト教授が講演。

第60回 国際治療談話会 総会「新型コロナウイルス感染症~日独の対応」
日時:2020年11月26日 (木) 18:00~21:00          
形式:Zoomウェビナーによるオンライン視聴・参加
会費:無料    日英同時通訳付き
事前申込制:11月23日(月・祝)まで 申込はこちらから
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
司  会:伊藤公一(日本国際医学協会 常務理事)
開会挨拶:都築正和(日本国際医学協会 会長)
来賓祝辞
 中川俊男先生(公益社団法人 日本医師会 会長)
 イナ・レーペル閣下(ドイツ連邦共和国大使館 東京 全権特命大使)
司  会:近藤太郎(日本国際医学協会 常務理事)
     ゲオルグ・K・ロエル(NRW.Global Business Japan 代表 / 日本国際医学協会 評議員)

〔講演Ⅰ〕新型コロナウイルス感染症の臨床像と治療の実際
 大曲貴夫 先生(国立国際医療研究センター 国際感染症センター長)
 オリバー・ヴィッツケ 先生(エッセン大学病院 感染症科 教授、西ドイツ感染症センター(WZI)理事)

〔講演Ⅱ〕新型コロナウイルス感染症の防疫課題と反省点
 和田耕治 先生(国際医療福祉大学 医学部公衆衛生学 教授)
 イェルグ・J・ヴェーレシルト 先生(フランクフルト及び ケルン大学病院、ドイツ感染研究所 教授)

〔感想〕新型コロナウイルス感染症が日独経済に及ぼす影響
 マルティン・シュルツ(富士通株式会社 チーフポリシーエコノミスト)
閉会挨拶:マーティン・ポール(ドイツ連邦共和国大使館 東京厚生労働参事官)
      石橋健一(日本国際医学協会 理事長)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【主 催 】 公益財団法人 日本国際医学協会
【共 催 】 ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京( DWIH 東京)
【後 援 】 駐日ドイツ連邦共和国大使館、 ドイツ NRW 州貿易投資振興公社日本法人

 

-