Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

アーヘン発電気自動車 - 小型でピュア  

電気自動車を製造するのは大手自動車メーカーに限ったことではない。この魅力ある未来市場には若いメーカーも市場参入を果たしている。NRW州アーヘン市のe.GO Mobile社はそんなスタートアップのひとつ。同社の小型電気自動車をいち早く試したのがラシェットNRW州首相だ。初めての運転を終え、州首相は、「全く新しい乗り心地。騒音も二酸化炭素も窒素酸化物も排出せずに、市内をコンパクトに走行できる。心底、運転を楽しめる」と感激を露わにした。

ラシェットNRW州首相は「この電気自動車が生産されたのは、ここNRW州のアーヘン市!」と、誇らしげに語り、「ヴォルフスブルク(VW本社)でも、シュトゥットガルト(ベンツ本社)でも、またミュンヘン(BMW本社)でもない。」と続けた。e.GO Mobile社は同社初の電気自動車モデル「ライフ」をアーヘンで生産している。数週間前に量産を開始し、その式典にてラシェットNRW州首相は、「今日はNRW州にとっても、アーヘンにとっても非常に意味のある日だ」とコメントした。ベルギーとの国境に位置するアーヘン市は、これまでアーヘン大聖堂、名物焼き菓子「プリンテン」、あるいはアーヘン工科大学という機械工学先端拠点として知られていた。しかし、数年ほど前からは、e-モビリティ拠点としての知名度も上げている。

出典

-