Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

アーヘン工科大学の教授 ITシンポジウム「インフォテック®」でAIとIndustrie 4.0 テーマに講演 10月17日 in 大阪

ドイツでエリート大学に選ばれたトップ工業大学のひとつ、アーヘン工科大学のサビーナ・イェシュケ教授が大阪で開催されるITシンポジウム「インフォテック®」に登壇。人口知能(AI)を利用した生産をテーマに特別講演をする 

 

ザビーナ・イェシュケ教授は、アーヘン工科大学の3つの研究所 ー 機械工学情報マネジメント研究所(IMA)、ラーニング/知識マネジメントセンター(ZLW)、マネジメントサイバネティック研究所(IfU) を束ねるサイバネティックを専門とする教授。今般「Behind the Scenes of Industry 4.0: Artificial Intelligence in the Internet of Production」と題し、大阪で講演する。ドイツで同氏が取り組んでいるAIを活用した生産技術・生産現場の紹介は、ものづくり国、日本のメーカー等が多いに関心のあるテーマに違いない。

「インフォテック®」スマートイノベーション 〜革新的技術で創造される新ビジネス

日時:2017年10月17日(火)10:00~17:20 交流会 17:30~19:00

会場:グランフロント大阪 北館B2F コングレコンベンションセンター ホールA

主催:(一財)関西情報センター (KIIS)

参加費:無料 交流会費:有料

プログラム お申し込み(10月5日締切)

-