Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

アーヘンの研究者といすゞ自動車が電気トラックのプロトタイプを共同発表

2014年、ドイツポストDHLの傘下企業となったストリートスクーター社は、もともとRWTHアーヘン工科大学発のスタートアップ。今では、ドイツポストDHLのみならず多数の顧客を対象に、ゼロ・エミッションの市街地向け小型電気集配車を生産している。

このサクセスストーリーに続き、アーヘンの研究者は価格競争力を持つ2種類目の小型電気自動車の開発に成功した。このEV車は同じアーヘン工科大学発のe.GO Mobile社から2019年に発売される予定だ。アーヘンの研究者たちは、文字通り大きな課題に挑戦し、今回、いすゞ社と共同開発した電気トラック「LiVe1」(最大7.5トン)のプロトタイプを正式発表するに至った。いすゞ社のNシリーズをベースにし、生産とメンテナンスコストの削減を目指している。さらに新開発におけるもうひとつの特徴は、この種のトラックの量産を容易にするためにモジュール式生産方式を採用したことにある。

今後、合計4種類のプロトタイプを生産する予定だ。そのうちの2種類はバッテリー駆動型トラック。もう1種類は水素燃料電池型。さらに架線から電力供給を受けながら走行するトロリートラックの4種類である。

出典

-