Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

NRW州発の最新ニュース

ドイツ連邦議会が再生可能エネルギー拡大を加速する法案を可決   太陽光、風力、水力発電所を強力に推進

ドイツ連邦議会は、議会が夏休みに入る前の7月7日、2030年までに再生可能エネルギーの総電力消費に占める割合を80%まで高めることを目標とする、いわゆる「イースター・パッケージ」を可決した。2030年までの再生可能エネルギー目標を、太陽光で215GW、陸上風力で115GW、洋上風力で30GWとし、再生可能エネルギーのさらなる拡大を目指す。

ドイツの充電インフラ その拡張と運用 新ツールで透明性確保

ドイツ国立充電インフラ管理センターは、新たに4種のオンラインデータサービスを導入し、リアルタイムでの充電スポットの使用状況、誰もが利用可能な充電インフラの整備状況、および充電スポットの利用実績に関する情報を提供する。これらのオンラインツールは、公共充電プラットフォーム「Charging Radar & Moovility」との協力のもと開発された。

量子コンピュータに必須な安全な暗号方式 

米国立標準技術研究所(NIST)がNRW州発サイバーセキュリティを採用。革新力と研究力は、ルール地方とNRW州のDNAだ。量子コンピュータ時代のセキュリティリスクへの備えが課題となる中、NRW州ボーフム市は量子コンピュータのサイバーセキュリティ分野においてこのDNAを改めて発揮した。

NRW.Energy4Climateとエネルギー・エージェンシーふくしま 共同声明に署名 

ドイツ NRW州は再生可能エネルギー関連産業の相互交流・育成を目的に、2014年2月に福島県と連携覚書を締結し、以来、セミナーの開催や相互訪問等を通して経済交流を継続 している。

NRW.BANK.ifo景況感指数 2022年6月

NRW州の経済は6月著しく悪化した。現況評価は若干悪化した程度にとどまったが、今後6ヶ月間の先行きへの期待指数が大幅に低下。NRW州の経済にとって、迫り来るガス不足は深刻な懸念事項であり、今後の展開も予断を許さない。 ※ このリポートは7月初旬に公開されたものである。

ご質問等ございましたら、どうぞお申し付け願います