Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer

NRW州発の最新ニュース

ドイツ連邦政府がNRW州の水素イノベーションを助成 

ドイツ連邦教育研究省(BMBF)は、NRW州における水素イノベーション移転プロジェクトに、今後9年間で約1600万ユーロの助成を行うことを決定した。

新たなロボットソリューションでドイツ繊維産業が再び競争力を獲得 

欧州の繊維産業に再び活気が戻ってくる。現在、ドイツや日本など高賃金国の服飾・繊維メーカーが使用する布地の大半は、生産コストの安いアジア諸国で生産されたものだ。繊維加工工程の大半はすでに機械化されているものの、生産拠点をアジアの低コスト国に移転することで欧州のファッションメーカーはメリットを得てきた。

サムライブルーの成功 カタールW杯とドイツNRW州で – その歩み 

サッカー日本代表は2022年ワールドカップでサクセスストーリーを描いた。2014年W杯の覇者ドイツとカタール大会の優勝候補に名を連ねていたスペインに勝利し、グループリーグを1位で通過したことは、同大会でのサプライズのひとつだ。この結果を受け、FIFAワールドランキングは20位に上昇した。 

NRW州が出展 FC EXPO 国際水素・燃料電池展

2023年3月15・16・17日開催のFC EXPO 国際水素・燃料電池展にNRW.Global Businessが出展する。他のドイツ機関・企業等とともにドイツパビリオン内にて先端技術やNRW州の水素産業インフラやプロジェクトを紹介する。

"ブルーアンモニア "プロジェクト – 日独協働で米国で事業展開 

独ティッセンクルップ・ウーデ社が三井物産と米CFインダストリーズ・ホールディングス社から「ブルーアンモニア」の新規プラント技術提供者として選定された。 三井物産はアンモニア販売で世界トップクラス。また米CF社は世界最大のアンモニア製造メーカーである。

ご質問等ございましたら、どうぞお申し付け願います

-