Jump to Navigation Jump to search Jump to Content Jump to Footer
Header_Europes_gateway.jpg

最高の交通インフラを持つヨーロッパのゲートウェイ

Location factor #5

NRW州はあらゆる側面からモビリティをお約束します

全世界450弱の都市への直行便が発着する6つの国際空港に、全長6000kmにも及ぶ張り巡らされた鉄道網。そしてアウトバーンが2200km、国道・州道が1万7600km走り、ヨーロッパの幹線道路へのアクセスが迅速です。また水路に目を投じると、120の港と全長約720kmの水路を擁し、世界最大の内陸港デュイスブルク港では年間1億1000万トンの貨物が積み替えられています。これほど交通・ロジスティクスに最適な条件を兼ね備えた地域はヨーロッパでは他にありません。

6空港から全世界に

  • 2つの国際空港 -デュッセルドルフ空港とケルン/ボン空港。そしてヨーロッパ各地へ発着するその他4つの空港(ドルトムント空港、ミュンスター/オスナブリュック空港、パーダーボーン/リップシュタット空港、ヴェーツェ/ニーダーライン空港)が、ドイツのあらゆる主要都市や世界の大都市を結んでいます。飛行時間3時間以内でヨーロッパの全大都市にアクセス可能です。

  • デュッセルドルフ空港は、ドイツ第三番目の旅客数を誇り、世界のおよそ190の都市と結ばれています。

  • ケルン/ボン空港の2020年の航空貨物取扱量は86万3000トンに上り、ドイツ第三番目の航空貨物センターとなっています。またヨーロッパ発着のUPS小包は全てケルン/ボン空港を起点に発送されています。

  • 高速鉄道を利用すれば、ヨーロッパのハブ空港であるフランクフルト空港へ1時間以内で到着できます。

  • テクノロジー拠点として名高いアーヘン地域はオランダにあるマーストリヒト空港に近いという地理的利点を有しています。

高度に発達したアウトバーン網

NRW州に張り巡らされている約2200 kmのアウトバーン網は、州内のあらゆる重要な地点を結んでいます。またアウトバーン出入口からはヨーロッパの幹線道路へ迅速にアクセスできます。アウトバーンの他にも、4500 kmの連邦道路、9800 kmの郡道および1万3100 kmの州道が整備されており、迅速に直接目的地に到着することができます。

autobahn_duisburg.jpg

ドイツで最も充実した鉄道網

  • NRW州の鉄道網はドイツで最も充実しており、全長6000 kmです。

  • NRW州は国際高速鉄道網の重要なハブになっています:例えば、ケルンからブリュッセルやパリ行きのタリス高速列車、あるいはケルンからフランクフルト経由でバーゼルに行くICE(インターシティ超特急列車)などが運行しています。

  • 更にオランダの貨物輸送用新設区間であるベートヴェルートを経由すれば、NRW州はヨーロッパ最大の海港ロッテルダム港と直結しています。

  • デュイスブルクと中国の重慶を結ぶ貨物鉄道「渝新欧」は既に「新シルクロード」と呼ばれています。同鉄道路は約1万300kmにも及び、中国からカザフスタン、ロシア、ベラルーシ、ポーランドを経由しドイツまで伸びています。(1週間に4回の運行)

  • NRW州にあるケルン中央駅は、毎日28万人の旅客と1220本の列車が行き交うヨーロッパで最も乗り降りが多い鉄道結節点のひとつです。

  • ドイツ鉄道、数多くの近距離列車、市電や都市高速鉄道により、日々の近距離交通が確保されています。

重要なヨーロッパ水路のハブ

  • NRW州には世界で最も交通量が多い水路のひとつである全長226 kmのライン川が流れており、この点でも充実したインフラが確保されています。

  • NRW州の内陸水路は全体で約720 kmに及び、ライン川やヨーロッパ運河システムを経由すると北海(ロッテルダム)、バルト海、大西洋、地中海そして黒海へもつながっています。

  • NRW州は他を大きく引き離してドイツ最大の内陸港拠点です。年間約1億650万トンの船便貨物が約120の港で積み替えられています。うち、5900万トンという最も大きな割合を占めるのが世界最大の内陸港デュイスブルク港です。ここでは民間の工場港や鉄道やトラックによる輸送も含めると、年間1億1000万トン弱の貨物が積み替えられています。